3.11です。

Jiranaaの頭の中
SN3L0362

何度もやってくる。3月11日14時46分

毎年書いてる。この記事。

日本全体が傷ついたような、そんな災害でした。

ただ。関西に戻ってきてから、多少、震災の話になると、違和感を感じるのが正直なところ。

ネットって怖いね。

自分のことのように傷つかなくてもいいし。

辛いことがあっても、人間は生きていれば復興できる。

毎日世界では悲しいことや辛いことが起きているし、

いちいち辛い話や、悲しい話をほじくり出さなくてもいいし。

それが、自分のこととなると「何も知らないくせに色々言わないで」ってなる。

支援は、お金でも、心の中でも出来ること。

出来ないことに悔やむ必要も、吠える必要もない。

現に私は何もできないん。

よ。

だから、その時は仙台にいたし。たまたま、でっかい車に乗ってたし、たまたま、マッサージできたし、たまたま、ZASHIKIWARASHIからアホみたいに「揖保乃糸」が送ってきたから、人も物資も積み込んで、ボランティアや炊き出しに行けただけで。

関西にいたら、本当に、理解して、募金して、寄り添うことしか出来なかったと思う。

出来ることがあれば、余る力でやればいい。

それをネットに書きたてなくてもよい。

と、

 

菅田将暉が言ってた(←柊先生

 

なんちて。

 

まだまだ、支援は必要です。

でも、他にも支援が必要なところもある。

 

人は復興できる。生きていれば。支えがあれば。日本国民なら。大丈夫。

そう思う。3月11日でした。

 

ただ、あれだけの地震を経験したのに、運良く、職場にいて、運よく、全員出勤で、運よく、タイのろうそくがあって、運よく、お菓子が買えて。運よくガソリンもちょっとあって。

生かされてるんだな。

何かしなきゃいけないことがあるんだな。

と思わされたのも、この地震でした。

毎日が気付きでした。

毎日が変化でした。

毎日が集中力でした。

 

あんなに頑張ることが出来る自分に出会えたのも。3.11

 

何か、まだ出来ることがあるのかもしれない。

そう思って生きるのも悪くないですね。

 

哀しみを背負った方々の心が癒されますように。

愛しい故郷が戻りますように。

災害に強い国になりますように。

 

 

さ、明日も頑張っていこう!

 

皆様が、ありあまる豊かさと、優しさに包まれますように。

元気いっぱいになりますように。

感謝。

 

アジアンリラクゼーション&エステティック

TENka plus

 

過去ブログはコチラ